広島・正隨、待望2年目デビューも“ホロ苦”併殺打 大阪桐蔭時代に巨人移籍の香月と全国制覇

[ 2020年9月8日 20:18 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2020年9月8日    マツダ )

<広・ヤ>6回2死一、二塁、プロ初打席の代打・正随は遊ゴロ併殺に倒れる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の正隨優弥外野手(24)がヤクルト戦(マツダ)で待望の1軍デビュー。結果は遊ゴロ併殺打と“ホロ苦”スタートとなった。

 プロ2年目の正隨は4―0で迎えた6回、1死一、二塁の場面で先発右腕・九里の代打に起用され、この回から代わったヤクルトの2番手左腕・長谷川がカウント1ボール2ストライクから投じた4球目、真ん中低めのチェンジアップを遊ゴロ併殺打に終わった。

 正隨は大阪桐蔭時代、前日7日に沢村との交換トレードでロッテから巨人に移籍したばかりの香月とともに全国制覇。亜細亜大から2018年ドラフト6位で広島に入団した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月8日のニュース