×

ロッテ 沢村獲得の思惑と背景――リリーフ陣に厚み「ジャクソン・ショック」完全払しょくへ

[ 2020年9月8日 05:55 ]

巨人からロッテへのトレードが発表された沢村
Photo By スポニチ

 巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが7日、両球団から発表された。

 首位ソフトバンクを0・5ゲーム差で追うロッテの救援陣が厚みを増した。現在は守護神・益田につなぐ投手として7回に唐川、8回にハーマンを起用。沢村について、井口監督は「力強い直球で打者を抑え込む。うちにいないタイプで、優勝するための力になってほしい」と期待する。

 7月10日、大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕されたジャクソンが退団し8回の男を失った。代役の唐川は15試合連続無失点と好調。指揮官は「起用法に関してはこれから考えていく」と言うが、沢村がリリーフで機能すれば、4人で7~9回を締め、「ジャクソン・ショック」を完全に払しょくできる。(ロッテ担当・横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月8日のニュース