日本ハム 清宮が15打席目で初安打も…今季3度目零敗

[ 2020年7月2日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0―4ソフトバンク ( 2020年7月1日    東京D )

<日・ソ>2回、二塁打を放つ清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは4度得点圏に走者を進めながら決定打が出ず、今季11試合目で3度目の零敗を喫した。6回3失点(自責2)のマルティネスを援護できず、栗山監督は「何とか勝たせてあげたかった」と申し訳なさそうに話した。

 2回には清宮が今季15打席目で初安打となる二塁打。試合前には指揮官から「クビだろ」と冗談めかしながらも奮起を促されていた清宮は「これをきっかけにしたい」とさらなる活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース