楽天が観客数やチケット販売に関する概要発表 当面は上限5000人

[ 2020年7月2日 17:35 ]

楽天生命パークは入場者数の上限5000人でチケット販売
Photo By スポニチ

 楽天は2日、有観客試合のチケット販売に関する概要を発表した。楽天生命パーク宮城で観客を入れて開催する最初のカード(7月14~19日、西武戦)は、政府と自治体によるイベント開催制限の段階的緩和の目安に基づいて観客数を1試合5000人を上限とする。

 チケット販売の対象となるのは、一般席種、ボックス系席種、車いす席で、観客同士の距離を保てるように原則として前後1列、左右2席の座席間隔を空ける。チケットは4日から販売を開始。1試合ごとの購入可能枚数は、一般席種4枚、ボックス系席種1ボックス、駐車券は1枚まで。各席種の最新価格は球団ウェブサイトかイーグルスチケットで確認できる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース