巨人 炭谷の2点タイムリー二塁打で先制「守りも頑張ります」

[ 2020年7月2日 19:44 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2020年7月2日    東京D )

<巨・D>4回1死一、三塁 右中間へ先制の2点適時二塁打を放つ炭谷(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人の炭谷銀仁朗捕手(32)が4回、先制の2点タイムリー二塁打を放ち、この日バッテリーを組む先発・桜井俊貴(26)を援護した。 1球速報

 4回、先頭の亀井がセンターへの二塁打の中島の投ゴロで三進し、パーラが申告敬遠の1死一、三塁の場面で、炭谷が低めのツーシームをとらえて右中間へ弾き返し、タイムリー2点二塁打とした。

 炭谷は「打ったのは落ち球ですかね。先制点をとれて良かったです。守りも頑張ります」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース