DeNA今季強力打線は「HOPE TO VICTORY打線」 ラミレス監督命名「必ず勝利に結びつく」

[ 2020年7月2日 17:23 ]

1日の勝利後、ビクトリーポーズのラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのラミレス監督が巨人戦(東京ドーム)の試合前に報道陣に対応。試合前の時点でリーグトップのチーム打率・296を誇る強力打線を「HOPE TO VICTORY打線」と命名した。

 直訳すれば「勝利への希望」。略して「HTV打線」となる。指揮官は「この打線には勝つための希望が満ちあふれている。必ず勝利に結びつく」と熱弁した。

 昨季までの4番&主将だった筒香がレイズに移籍。ラミレス監督は「チームの核を失ったが、オースティンと佐野の2人が穴を埋めている。むしろ、それ以上にやってくれている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース