広島 攻守でミス連発 3失策にバント失敗あり、逆転負けに佐々岡監督も嘆き節

[ 2020年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3-4ヤクルト ( 2020年7月1日    神宮 )

<ヤ・広(1)>6回、ベンチで腕組みする佐々岡監督(撮影・村上 大輔)  
Photo By スポニチ

 攻守でミスを連発し、接戦を落とした。初回1死一塁からピレラの一塁悪送球でピンチを広げ、村上に逆転の2点適時打を許した。3回には堂林、5回には田中広がそれぞれ今季初失策。開幕から9試合でわずか1つだった守備陣が、1試合で3失策を犯した。

 攻撃でもバント失敗が2度あり、佐々岡監督は「雨の中で守備は難しいとは思うけど。バントミスも、今季は1点をしっかりと取っていく野球をやるという中で…」と嘆いていた。

 ▼広島K・ジョンソン(開幕から2連敗。スライド登板、雨でぬかるんだマウンド、38分間の中断、そして3失策…と悪条件の中でも5回4失点の粘投)きょうは、もう話したくない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース