【ファーム情報】ルーキー躍動!DeNA・森、中日・石川昂、阪神・井上が公式戦初アーチ

[ 2020年7月2日 18:05 ]

 プロ野球のファームは2日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 日本ハムは西武戦(鎌ケ谷)で16安打を放って12―6。両チームで7本塁打が飛び交う打撃戦を制した。初回に谷口が1号ソロ。虫垂炎から復帰したビヤヌエバも初回の1号ソロを含む2安打4打点だった。育成の樋口が3回の1号ソロなど2安打2打点。4番手のドラフト4位・鈴木健(JX―ENEOS)が2回1安打無失点で1勝目。西武は初回にドラフト8位・岸(四国・徳島)が先頭打者本塁打となる1号ソロ。3回に佐藤が1号3ラン、7回に山田が3号ソロ、8回にドラフト4位・川野(九州学院)が1号ソロを放った。先発・内海は3回8安打7失点で2敗目。

 ヤクルトはロッテ戦(戸田)に5―2。先発・高橋は5回5安打7奪三振1失点で、2番手のドラフト2位・吉田喜(日体大)が4回4安打1失点で2勝目を挙げた。川端が7回に1号2ラン。ロッテ先発の育成・森は5回4安打無失点だった。

 楽天はDeNA戦(バッティングパレス相石スタジアムひらつか)に3―1。先発のドラフト6位・滝中(Honda鈴鹿)は5回無安打無失点。3番手・高梨が1回無安打無失点で1勝目を挙げた。DeNA先発・井納は4回2安打無失点。ドラフト1位・森(桐蔭学園)が6回に藤平から公式戦初アーチとなる1号ソロを放った。

 中日はオリックス戦(ナゴヤ)に8―3。ドラフト1位・石川昂(東邦)が初回に公式戦初アーチとなる1号2ランを放つなど3安打。2回に石垣が1号ソロ。育成から支配下登録されたばかりのA・マルティネスが4回に2号2ランを放った。先発・松葉は7回6安打3失点で1勝目(1敗)。オリックス先発のドラフト1位・宮城(興南)は3回3安打3失点。

 阪神は広島戦(由宇)に3―1。ドラフト2位・井上(履正社)が2回に公式戦初アーチとなる1号ソロを放つなど2安打2打点。先発のドラフト1位・西純(創志学園)は4回2/3を1安打1失点(自責0)。広島先発・山口は3回2安打1失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース