巨人・丸が6戦連続、岡本は10戦連続安打

[ 2020年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―5DeNA ( 2020年7月1日    東京D )

<巨・D>初回2死、左前打を放つ岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の丸が先制の中前適時打を放った。初回無死三塁から桜井のカットボールを捉え6戦連続安打とし「なんとか前に飛ばそうとそれだけ考えて打席に入った。いい結果になってよかった」と喜んだ。

 4番の岡本も、この回に左前打で10試合連続安打とすると、4回の先頭では左前打と2安打。打率.488と好調をキープした。

 ▼巨人・大城(4回の2点適時打を含む2安打)シー・シー(メルセデス)のために何とか追加点が欲しかった。いい結果につながってよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース