DeNA オースティン逆転満塁一掃三塁打!痛快勝利で巨人に再び0・5差

[ 2020年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―3巨人 ( 2020年7月1日    東京D )

<巨・D>8回2死満塁、走者一掃の逆転適時三塁打を放つオースティン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNA・オースティンの打球が逆方向に伸びた。2―3の8回2死満塁。高木の変化球を捉えて右翼フェンスを直撃する走者一掃の三塁打とした助っ人は「ホッとしています。チームのプラスになる働きができて良かったです」と安どの表情を浮かべた。

 殊勲の一打は、自身9打席ぶりの安打だった。「ここ数日、自分のタイミングがズレていると感じていた。どうにかしようと思った」ともがいていた。打席で攻める気持ちを思い出し、チームを救った。巨人とは再び0・5ゲーム差。「まだ試合も残っているし、この段階ではその話は早い。でもこの状態をキープして、これからも頑張っていきたい」と冷静に話す姿が頼もしい。前夜は逆転負けを喫し、この日は逆転劇をやり返した。ラミレス監督は「今度は我々の番が来た。こういう勝ち方ができて素晴らしい気分」と痛快な1勝をかみしめた。さあ2日こそ、2年ぶりの単独首位の座を奪いにいく。(町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース