DeNAドラ1森、プロ初安打が公式戦1号!イースタンで楽天・藤平撃ち

[ 2020年7月2日 17:17 ]

イースタン・リーグ   DeNA1―3楽天 ( 2020年7月2日    バッティングパレス相生スタジアムひらつか )

DeNAの森(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・森(桐蔭学園)が公式戦初アーチを放った。「9番・遊撃」で2度目のスタメン出場。

 6回に先頭打者として藤平から1号ソロを左翼スタンドに運んだ。これがプロ5打席目での初安打でもあった。

 「ストレートに振り負けないよう意識して打席に入った。ヒットが出ていなかったので、何としても結果が欲しいところ。狙ってはいなかったけれど、本塁打になってうれしい。ボールを強く叩くことができた」

 昨夏のU18W杯では奥川(ヤクルト)、佐々木朗(ロッテ)らと戦った逸材。将来のスター候補生は2軍で爪を研いでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース