阪神・ドラ2井上が公式戦初本塁打 先制アーチで先発の同学年西純を援護

[ 2020年7月2日 12:57 ]

ウエスタン・リーグ   広島―阪神 ( 2020年7月2日    由宇 )

<阪神2軍 広・神> 2回無死、先制の本塁打を放つ井上 (撮影・平嶋 理子)                                                               
Photo By スポニチ

 阪神・ドラフト2位の井上広大外野手(19)は「4番・右翼」で先発。0―0の2回先頭で右腕・山口の外角直球を右越え本塁打した。

 公式戦では初本塁打となる一撃で、先制点をもたらし、同学年の先発・西純を援護した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース