ロッテ、10安打8得点で連敗ストップ!先発・岩下が開幕2連勝

[ 2020年7月2日 21:58 ]

パ・リーグ   ロッテ8―5楽天 ( 2020年7月2日    楽天生命 )

力投する岩下(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ロッテは10安打8得点で快勝し、連敗を2で止めた。先発の岩下が5回84球を投げて、6安打3失点の粘り強い投球を見せて開幕2連勝を飾った。

 ロッテは2回2死一塁、井上の2号2ランで先制。直後に同点に追いつかれて迎えた3回1死一、三塁で、清田の右前適時打で勝ち越しに成功した。5回には2死満塁でマーティンの左前適時打で2点追加。さらに井上の押し出し死球で1点追加し、リードを4点に広げた。その後1点失い、3点リードで迎えた6回無死二、三塁で角中の右犠飛で加点し。7回には先頭打者のマーティンの3試合連続となる3号ソロで1点追加した。

 先発の岩下が降板後は、田中、ハーマン、ジャクソンが無失点で繋いだ。9回は5番手として登板した益田が2点を失ったが、3点差で逃げ切った。

 楽天は先発の塩見が4回2/3、101球を投げて6安打6失点で今季2敗目。打線は5点リードされた9回に辰巳のレフトへの適時三塁打などで反撃したが及ばず、チームの連勝は2で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース