ヤクルト・西浦「後ろにつなぐ気持ちで」逆転V2ラン!今季2度目の先発起用に応えた

[ 2020年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―3広島 ( 2020年7月1日    神宮 )

<ヤ・広>4回無死一塁、西浦は逆転2ランを放ち雄平(左)とエアタッチ(撮影・村上 大輔)  
Photo By スポニチ

 ヤクルトは西浦の逆転決勝弾で勝敗を五分に戻した。1点を追う4回無死一塁から、K・ジョンソンの内角に来たスライダーを強振。左翼席まで運ぶ逆転2号2ランに、「しっかり後ろにつなごうという気持ちでいったのが良かった。良い感触だった」と振り返った。

 6月25日の阪神戦で代打サヨナラ本塁打を放って以来の一発。この試合は今季2度目の先発出場を果たし、起用に応えてみせた。高津監督は「まさか本塁打を打つとは思っていなかったが、重い雰囲気になりかけていたところ、本当に良い本塁打だった」と目を細めた。

 それでもまだレギュラーを獲得したわけではない。ヒーローは「一試合一試合頑張りたい」と足元を見つめた。(黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース