オリックス・榊原 3日今季初登板へ気合「優さんの流れに乗って」

[ 2020年7月2日 17:11 ]

オリックス・榊原(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 オリックスの榊原翼投手(21)が、今季初登板となる3日の西武戦(メットライフドーム)に向けて意気込みを示した。

 「きのう、(鈴木)優さんが(連敗を)止めてくれたので、その流れにのっていきたいと思っています」

 1日の同戦では高卒6年目の鈴木が5回無安打無失点でプロ初勝利。チームの連敗を7で止めた。その勢いを継続する構えだ。

 今春キャンプから調子が上がらず、開幕ローテーション争いから出遅れたが、エース山岡が故障離脱したことなどから好機が巡ってきた。「なるべく力まないように、という投球フォームにしました。これまで左足を普通に上げていましたが、回り足のように、体を開かないようにという足の上げ方にしました。ボールも良くなっていると思います」と手応えを口にした。

 昨年6月29日の西武戦では、初回の3連打を浴び2失点するなど5回3失点で降板しており、「初回に3連打されて2点を取られたので、初回から全力でいきたいです」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース