楽天・ロメロが4号同点2ラン「詰まったけど良い角度」

[ 2020年7月2日 19:00 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2020年7月2日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>2回1死一塁、中越えに同点2ランを放ったロメロ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天のステフェン・ロメロ外野手(31)が、2日のロッテ戦で今季4号2ランを放った。2点を先制された直後の2回。1死二塁で、カウント1―1から岩下が投じた高めの144キロの直球をバックスクリーン右横へと運んだ。試合を振り出しに戻す同点弾に「少し差し込まれたけど良い角度で飛んでくれたよ。(中堅手の)荻野が打球を見送ったのでスタンドにいったと思ったよ」と笑顔だった。

 今季から新加入した助っ人大砲は、開幕から全試合で6番に座る。この日の試合前時点での打撃成績は打率・400、7打点、3本塁打。チーム打率と総得点が12球団トップの強力打線を支えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース