中日・山本と虎の深い縁 タイガースなくして野球人生なし?

[ 2020年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6-3阪神 ( 2020年7月1日    ナゴヤD )

兵庫タイガース時代の山本
Photo By 提供写真

 【記者フリートーク】一昨年のプロ初登板、昨年のプロ初勝利に加え、今季の初勝利も阪神戦。山本は何かと虎に縁がある。兵庫県宝塚市出身で幼少期は阪神のファンクラブに入っていたことは有名な話。つながりはこれだけではない。中学時代に所属した硬式野球チーム名は「兵庫タイガース」。ユニホームはタテジマ、帽子のロゴもチーム名の「HT」が刺しゅうされ、阪神にそっくりなのだ。

 硬式野球を希望したところ両親からの条件が「学業との両立」だったため、平日の練習がない「兵庫タイガース」へ入団したという。ただ、タテジマのユニホームに「多少、憧れがありました」と本音もチラリ。プロとなった今はタテジマを苦しめ、阪神にとって“因縁”の相手となった。(中日担当・徳原麗奈)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース