阪神・大山 4年目で初の中堅守備 近本打撃不振で1年ぶり交代、大山テストの意味合いも

[ 2020年7月2日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-6中日 ( 2020年7月1日    ナゴヤD )

<中・神(2)>7回無死、センターに入り、平田の打球を処理する大山(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の大山が7回の守備からプロ4年目で初の中堅に就いた。直前の攻撃で2死から三直に倒れた近本に代わって出場。飛球の処理はなく、7回の平田、8回京田の中前打を捕球しただけだった。

 「今日は打順の兼ね合いというか、チカ(近本)のところで行ったから。練習をさせて、どういうことでもできるようにしたかったというかね」

 清水ヘッドコーチが意図を説明したように打順が回る可能性が低かった近本の1番に望月を入れ、大山を小川が入っていた7番にするための措置だった。加えて有事に備え、過去の外野出場は左翼しかなかった大山の中堅テストの意味合いもあったもようだ。

 近本は5回に中前打した以外は3打席凡退で、依然として打率・140の低調。途中交代は昨年6月30日の中日戦で延長11回に代打を送られて以来だった。清水コーチは「ヒットが出たらまた変わるんだろうし、チカはやってもらわないと困るんで。何も怖がることはない。とにかく前向きにやってくれればそれだけでいい」と巻き返しに期待をかけた。 (山添 晴治)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース