阪神 ガルシア 酸欠のアクシデントも粘って6回途中3失点で降板

[ 2020年7月2日 20:37 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2020年7月2日    ナゴヤドーム )

<中・神>6回2死一、二塁、降板となり、ベンチに下がる際に悔しげな表情を見せるガルシア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神のガルシアは5回1/3、4安打3失点で降板した。初回、ビシエドに3ランを被弾したものの、2回以降は要所を締める投球で追加点は与えなかった。

 3回には体調不良を訴えて、一時ベンチへ下がるアクシデントに見舞われたものの降板後に「少し酸欠状態になったけどすぐに良くなったし、今は全く問題ない」とコメントを残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース