阪神 ガルシアがマウンドで苦悶の表情…ベンチで治療後に続投

[ 2020年7月2日 19:08 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2020年7月2日    ナゴヤドーム )

<中・神>3回1死、打者・アルモンテの時、突如マウンドでうずくまるガルシア(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神の先発・ガルシアをアクシデントが襲った。3回、1死で迎えたアルモンテに粘られ8球目を投じる前にマウンド上でタイムを要求。その場で両手を膝に付いて苦しい表情を浮かべた。

 慌てて矢野監督やトレーナーが駆けつけて一旦、ベンチに引き揚げた左腕。幸い降板には至らず、続投し8球目のスライダーでアルモンテを空振り三振に仕留めた。詳細は不明だが、体調に何らかの不調を訴えたようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月2日のニュース