NTT西日本、プロ注目腕撃ち初回5点!中村が3ラン「最高の当たりでした」

[ 2019年7月22日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第9日 3回戦   NTT西日本6-3JR東日本 ( 2019年7月21日    東京D )

初回2死二、三塁、右越え本塁打のNTT西日本・中村(中央)はナインと喜び合う (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 NTT西日本は、好投手のJR東日本・太田から初回に一挙5点。3ランを放った中村は「いい投手なので立ち上がりを狙ってました。最高の当たりでした」と胸を張った。

 15年以来のベスト8進出に大原周作監督も「初回から点を取れる選手たちの集中力の高さが凄いね」と手放しで褒めた。ヒーローインタビューで中村は「目標は優勝なのであと3つ勝ちます」と力強く話した。

 ▼JR東日本 太田(今秋ドラフト候補右腕は3回5失点で敗戦投手)自分の失投を見逃してくれなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース