楽天・堀内が痛恨捕逸「僕がそらしていなければ…」無念4位転落

[ 2019年7月22日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2-4ソフトバンク ( 2019年7月21日    楽天生命パーク )

5回、2死二塁、茂木の右前適時打で二走・ウィーラーが生還する(捕手・甲斐)(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 楽天は痛恨のミスで逆転負けを喫した。1点リードの6回2死走者なしで先発・石橋はデスパイネから空振り三振を奪ったが、ワンバウンドした球を捕手・堀内が捕逸。振り逃げで走者を背負い、続く長谷川勇に逆転2ランを浴びた。

 「僕がそらしていなければ、あの回は無失点だったので石橋さんに申し訳ない」と堀内。連勝は3で止まり、4位に転落した平石監督は「空振りで三振を取っているので防いであげないといけない」とミスを悔やんだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース