東芝のドラフト候補右腕・宮川 5回途中2失点降板も 巨人円谷スカウト「素晴らしい」

[ 2019年7月22日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第9日 3回戦   東芝3-2JR東日本東北 ( 2019年7月21日    東京D )

東芝の先発・宮川(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 最速154キロを誇る東芝のドラフト候補右腕・宮川は4回2/3を3安打2失点で降板した。「あまり球が走っていなかった。流れをつかむことができなかった」。

 この日の最高は149キロ。それでもフォークを駆使しての5奪三振に、巨人・円谷英俊スカウトは「素晴らしい。真っすぐでファウルが取れ、落ちるボールで空振りが取れる」と高評価だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース