【千葉】センバツ準V・習志野が順当に8強、盤石の継投で2失点に抑える

[ 2019年7月22日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会5回戦   習志野5―2千葉商大付 ( 2019年7月21日    ZOZOマリン )

 今春センバツ準優勝校、習志野(千葉)が千葉商大付を下し、8強進出を決めた。センバツで先発した2年生左腕の山内が7回1失点、8回からは飯塚が登板し2回1失点と盤石の継投。

 打線は女房役の兼子が先制適時打を含む3安打2打点と援護した。小林徹監督は「反省より先を見ていきたい」ときょう22日の準々決勝・成田戦を見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース