ヤクルト「虎キラー」山中投入も被弾「調子は良かった。もったいない」チームは阪神戦6連敗

[ 2019年7月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2-5阪神 ( 2019年7月21日    甲子園 )

5回2死一、二塁、近本(中央奥)に右越え3ランを浴び、渋い表情の山中(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは、阪神戦は1分けを挟んで6連敗。小川監督は「甲子園ではロースコアになる。何とかしないといけない」と険しい表情を浮かべた。

 通算16勝中7勝が阪神戦の「虎キラー」で、サブマリンの山中が今季初先発も1点リードの5回2死から北條と投手の西に連打され、近本に逆転3ランを被弾。「西で(流れを)切らないといけなかった。調子は良かった。もったいない」と今季2敗目を悔やんでいた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース