大船渡・佐々木が160キロ 大谷に並んだ公式戦での高校最速記録計測

[ 2019年7月22日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会4回戦   大船渡4―2盛岡四 ( 2019年7月21日    岩手県営 )

<大船渡・盛岡四>8回、佐々木が投じた球速が160キロだったことを伝える表示(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 大船渡・佐々木朗希投手(3年)は21日、盛岡四との岩手大会4回戦に先発。8回にエンゼルスの大谷翔平投手(25)が花巻東時代に計測した公式戦での高校最速に並ぶ160キロを計測した。延長12回194球、毎回の21奪三振でベスト8へ導き、大粒の涙を流した。

 現エンゼルスの大谷は花巻東3年時の12年7月19日、岩手大会準決勝の一関学院戦(岩手県営)に先発。8―0で迎えた6回2死二、三塁、83球目に当時高校生史上初めての160キロをマークした。「(佐々木洋)監督と目標にしてきた数字。うれしい」と喜び、7回1失点、13奪三振で7回コールド勝ち。盛岡大付との決勝では3―5で敗れ、最速は156キロだった。

 《板東英二は延長戦25K》○…延長戦での最多奪三振は、夏の甲子園では58年に板東英二(徳島商)が魚津戦で記録した延長18回25奪三振。センバツは61年に矢滝伸高(米子東)が敦賀戦で記録した延長16回23奪三振。プロ野球では38年秋に亀田忠(イーグルス)が9月16日の巨人戦で記録した延長14回20奪三振が最多だ。ちなみに、延長戦を含まない夏の岩手大会の最多奪三振は81年に佐々木昌章(広田水産)が記録した20奪三振。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース