大谷9打席ぶりヒット&二盗も…天敵ルブランには無安打、チームは連敗3でストップ

[ 2019年7月22日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―2マリナーズ ( 2019年7月20日    シアトル )

<マリナーズ・エンゼルス>9回、二盗を決める大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷は9回の第5打席で9打席ぶり安打となる左前打を放ち、3試合連続無安打を逃れた。直後には今季7盗塁目となる二盗も決めた。

 相手先発はオープナーで、2番手で元西武ルブランが登板。メジャーでは11打数無安打8三振と封じられている天敵で、この日も空振り三振と遊ゴロに倒れた。日本時代には本塁打を放ったこともあったが、渡米後は音なし。今季中の対戦はこれが最後とみられるものの、来季以降へは宿題を残した。

 チームは同点の9回にトラウトの3ランなどで4点を勝ち越し、連敗を3でストップ。ブラッド・オースマス監督は「最後に集中力が出た」と話した。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース