落合博満氏が 都市対抗決勝で始球式

[ 2019年7月22日 15:14 ]

第90回都市対抗野球

落合博満氏
Photo By スポニチ

 日本野球連盟は第90回都市対抗野球・決勝戦(25日午後6時)の始球式を元中日監督の落合博満氏(65)が務めると発表した。

 落合氏は1974~78年まで東芝府中に在籍。補強も含め76、77、78年の3度都市対抗に出場した。78年ドラフト3位でロッテ入り。現役時代はプロ野球史上初となる3度の三冠王に輝いた。中日監督としても4度のリーグ制覇。11年に野球殿堂入りした。始球式では東芝府中(当時)のユニホームに袖を通して登板する。

 また24日の準決勝第2試合(午後6時)の始球式を元ソフトバンクの摂津正氏(37)が務めると発表した。同氏は2001~08年までJR東日本東北のエースとして6度都市対抗に出場。ソフトバンク入団後の12年には17勝を挙げ沢村賞に輝いた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース