DeNAロペス、愛息の誕生日に「一生忘れない」涙の22号満弾 日米通算1000打点で94日ぶり貯金

[ 2019年7月22日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5-4中日 ( 2019年7月21日    横浜 )

お立ち台にホセ・ロペスJr.(左)を上げ、笑顔のロペス(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 どうしても、打ちたい理由があった。弾丸ライナーが左翼席へ突き刺さると、DeNA・ロペスは雄叫びをあげた。ダイヤモンドを一周すると、スタンドにいる家族に向かって投げキスした。

 「今日は息子の誕生日なので、息子のために絶対に打ってやるという気持ちだった。一生忘れることのない本塁打になった」

 0―0の3回2死満塁から、笠原が投じた初球の142キロ直球を振り抜いた。ホセJr.君の13歳の誕生日に、最高の祝砲となる22号満塁弾。それも球団最多タイのシーズン3本目だ。ベンチに戻ると、涙が頬を伝った。メモリアルは、もう一つあった。この一発で日米通算1000打点(日522、米480)をクリア。「信じられない。数字はいつも気にしていないが、日々積み重ねてきた結果」と胸を張った。

 チームは後半戦で5勝を挙げ、4度の決勝打などで全てヒーローインタビューを受けている頼れる助っ人。好調の要因は「家族のおかげ」と目を細める。米アリゾナから来日中のカタリーナ夫人らはきょう22日に帰国予定で「寂しい」と本音も漏れたが、最後の一戦で最高に格好良い姿を見せ、愛息と一緒にお立ち台にも上がった。

 4番の一振りで4月18日以来、実に94日ぶりの貯金生活を呼び込んだ。ラミレス監督も「明日(22日)はより休みをエンジョイできる」とご機嫌だった。(町田 利衣)

 球団4人目シーズン3発○…ロペス(D)が決勝の22号満塁本塁打。今季満塁弾は5月30日中日戦、7月9日ヤクルト戦に次いで3本目。満塁弾のシーズン最多記録は50年西沢(中)の5本だが、チームでは72年シピン、99年ローズ、同年鈴木尚と並ぶ4人目の球団タイ。月間2本の満塁弾も01年7月の谷繁以来18年ぶり4人目の球団タイになる。今季のロペスは満塁の場面で8打数5安打(打率.625)、3本塁打、16打点と大暴れ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース