NPB 20年セ日程を発表 東京五輪でDeNA、ヤクルトは東京Dなどでホームゲーム

[ 2019年7月22日 11:00 ]

 日本野球機構(NPB)は22日、東京五輪が行われる来年のセ・リーグ日程を発表した。

 五輪開催に伴い、野球競技の主会場となる横浜スタジアムは6月9日~8月23日、神宮球場も7月6日~9月13日の長期間、使用ができなくなる。

 そのためDeNAは6月26~28日の阪神戦、同30日~7月2日の中日戦の主催2カードを東京ドームで行う。また7月17~18日の巨人戦はロッテの本拠地であるZOZOマリンスタジアムを使用する。8月14~16日のヤクルト戦は新潟で開催する。

 ヤクルトは7月7~9日の中日戦、同14~16日の阪神戦、8月22~23日の阪神戦、9月4~6日の中日戦をホームゲームとして東京ドームで開催。

 五輪に伴うシーズンの中断期間は7月21日~8月13日。各チームはその間、練習試合を行うなどして調整する。

 オールスターは7月19日に第1戦(ヤフオクドーム)、20日に第2戦(ナゴヤドーム)で行われる予定。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース