DeNA 9.15ハマスタでドッジボールイベント開催

[ 2019年7月22日 18:48 ]

ト「ハマスタBAYドッジ2019」のロゴ
Photo By スポニチ

 DeNAは22日、球団初のドッジボールイベント「ハマスタBAYドッジ2019」を9月15日に横浜スタジアムで開催すると発表した。

 文部科学省が発表した「体力・運動能力調査」によると、子どもの投力、走力、跳力など基礎運動能力は約30年前をピークに、年々低下傾向。その中で、投力を測る「ソフトボール投げ」の数値は1985年当時と比較し、約7m、22%減少と大きく低下している。野球はもちろん、バレーボールやテニスなど、他のスポーツにおいても投力は必要な能力であり、この状況について改善が必要だと感じ、子どもたちの投力をはじめとした基礎運動能力向上のために「ドッジボール」という球技に注目。小学生の子どもたちに馴染みがあり、気軽に楽しめることはもちろん、投力など、さまざまな運動能力向上に結び付くスポーツだ。また、横浜スタジアムのグラウンドでプレーすることは、子どもたちにかけがえのない体験を提供でき、中長期的な野球振興にも結び付くと考えている。

 低学年の部(小学1~3年)、高学年の部(小学4~6年)に分かれ、午前と午後あわせて72チームが参加。9名で構成されたチームがリーグに分かれ試合を実施。総当たりで試合を行い、各リーグの優勝を目指す。参加費は無料。募集期間は7月22日~8月20日まで、球団公式ホームページ申し込みフォームから申し込める。

 ルールなどの詳細は球団公式ホームページにて。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース