日本ハム・堀が初回7失点…3回1/3を8失点 チーム後半戦初黒星「迷惑な投球をしてしまった」

[ 2019年7月22日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4-9ロッテ ( 2019年7月21日    札幌D )

初回に7失点した堀(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季4度目の先発となった日本ハム・堀が初回だけで7失点するなど、3回1/3を8失点。チームの連勝が5で止まり、「流れがいい中で迷惑な投球をしてしまった。もう少し落ち着いて投げられればよかった」とうなだれた。

 後半戦6試合目にして初黒星を喫した栗山監督は、堀について「どういうふうにやれば(試合を)まとめられるのか、それも技術。次に大きなものへと生かしてくれると信じている」と期待した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース