【神奈川】横浜 及川が今大会初先発で5回0封 コールド勝ちで8強

[ 2019年7月22日 13:31 ]

第101回全国高校野球選手権神奈川大会5回戦   横浜12―0光明相模原 ( 2019年7月22日    保土ケ谷 )

<光明相模原・横浜>5回無失点だった横浜のエース及川
Photo By スポニチ

 横浜が5回コールドで光明相模原を下し、8強に進出した。

 153キロ左腕の及川雅貴投手(3年)が今大会初先発。4回に連打されてピンチを背負ったが落ち着いて切り抜けた。結局安打はこの2本だけ。安定した制球で5回無失点に抑えた。

 「2つ四球は出してしまったが(それ以外は)荒れることなく良い感覚で投げられた」と納得の表情だった。

 打線は1番の津田啓史内野手(3年)が4回に左越え2ラン、5回に右中間満塁本塁打を放ち、3安打5打点と大暴れ。10安打12点の打線をけん引した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月22日のニュース