侍J大学代表24人決定 明大・森下暢が開幕投手に 亜大・田中、中大・森下の1年生野手2人が選出

[ 2019年6月23日 14:16 ]

侍ジャパン大学代表メンバーを発表する生田勉監督
Photo By スポニチ

 侍ジャパン大学日本代表24人が23日、発表された。

 合宿最終日のこの日は紅白戦の残り1試合を実施。その後代表メンバーが発表された。

 明大のエース森下暢仁投手(4年、大分商)は3年連続の代表入り。また、1年生で亜大の田中幹也内野手(東海大菅生)と中大・森下翔太外野手(東海大相模)の2人が選出された。

 生田勉監督は「5連勝するつもりで選んだチーム。ベストメンバーの24人。昨年よりも数段レベルは上がっている」と話した。森下暢を「日本の大黒柱」とした上で「開幕戦は森下で行きます」と明言。7月16日の第1戦(愛媛・松山、坊っちゃんスタジアム)の先発が決まった。

 また、1年生の森下翔については「紅白戦での打撃もそうだが、1年生であれだけ飛ばせる選手はなかなかいない。3番・牧、4番・古川、5番・郡司、6番・森下翔を考えている」とスタメンでの起用構想があることを明かした。

 代表は7月10日から13日まで平塚で直前合宿を行い、14日に広島2軍と松山でオープン戦に臨む。

 代表メンバーは下記の通り。主将は筑波大の篠原涼が務める。
 <投手>吉田大喜(日体大)、森下暢仁(明大)、伊藤大海(苫小牧駒大)、山崎伊織(東海大)、早川隆久(早大)、村上頌樹(東洋大)、内間拓馬(亜大)、佐藤隼輔(筑波大)

 <捕手>郡司裕也(慶大)、佐藤都志也(東洋大)、海野隆司(東海大)、古川裕大(上武大)

 <内野手>柳町達(慶大)、安本竜二(法大)、篠原涼(筑波大)、元山飛優(東北福祉大)、児玉亮涼(九産大)、小川龍成(国学院大)、牧秀悟(中大)、田中幹也(亜大)

 <外野手>宇草孔基(法大)、竹村陸(近大)、丸山和郁(明大)、森下翔太(中大)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年6月23日のニュース