中日・吉見、復活の1勝「人生をかけてマウンドに上がった」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   中日6―1日本ハム ( 2019年6月22日    ナゴヤD )

力投する先発の吉見(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 憧れの金子との投げ合いを制した中日・吉見は「正直それどころじゃなかった」と振り返った。4月21日のヤクルト戦以来、2カ月ぶりの1軍戦登板。「人生をかけてマウンドに上がった。ダメなら…」の覚悟だった。

 3回まで完全。5回2死三塁で代打・王柏融に右前適時打されたが、今季最長タイの5回2/3を投げ、3安打1失点で今季初白星を手にした。トヨタ自動車での1年先輩・金子との初対決は偶然の産物ではあったが、「一緒のマウンドで投げることはなかなかないので、奇跡」と心に刻んで復活劇の糧にした。

 「反省点を挙げれば、7回までは投げたかったとかはありますが、今日は勝ててよかった」。自らを追い込んだマウンドで結果を出したことが一番だった。(田中 貴久)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース