阪神マルテ、家族の前で逆転V打 トラッキー人形「妻にあげたい」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   阪神6―2西武 ( 2019年6月22日    甲子園 )

4回1死二、三塁、マルテは左線に2点適時打を放ち、ポーズを決める
Photo By スポニチ

 阪神・マルテが豪快なひと振りで試合をひっくり返した。1点を返した2回、なお1死二、三塁で本田の直球を思い切り引っ張った。痛烈なライナーを描き、左翼線で弾んだ逆転の2点打。愛する家族の前でヒーローとなった。

 「サイコーデス!! いい状況で打席が回って来たので、何とかしなきゃいけないなという気持ちで入った。ファンの人にも家族にもいつも支えられて野球ができている。本当に感謝しています」

 勝利の余韻に浸る満員の本拠地で覚えたての日本語を絶叫し、ファンを沸かせた。今月中旬に来日した愛妻と2人の子供は時差ぼけもあって初の生観戦だった。お立ち台で贈られる「本日のヒーロー」というタスキをかけたトラッキー人形。過去にもらった2つは既に子供たちにプレゼントしていた。来日初の決勝打で3つ目をゲットし、「球場に来る前に妻に“今日、ヒーローになったら絶対人形をちょうだいね”と言われていたんで、妻にあげたい」と笑った。

 前夜は初回に左越え適時二塁打したが、3―3の7回無死満塁で空振り三振。「昨日の最後の打席が良くなかった。どこかで返す機会があればと思っていたし、そういう意味では良かった」と責任感の強さを感じさせた。

 チームとして初顔合わせの先発投手は今季だけで16人目を数え、殊勲の一打で初めて土を付けた。福留が再離脱し、中軸としての期待は一層高まる。家族の温かさも力に変え、暴れまくりたい。 (山添 晴治)
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年6月23日のニュース