雄星、小学校でモチベーションの重要性語る「毎朝起きて夢を言う」

[ 2019年6月23日 02:30 ]

本拠地T近くの小学校を訪問したマリナーズの菊池(左)
Photo By 共同

 マリナーズ・菊池はゴードンらと球団恒例の本拠近くの小学校訪問に初参加した。モチベーションの重要さについて約300人の児童に話し、「毎朝起きたら、目標、夢を言ったりすることでモチベーションを保つことができると思う」と助言。チームの映像を見ながら交流を楽しんだ。

 この日は軽めのキャッチボールなどで23日(日本時間24日)のオリオールズ戦先発に備えた。 (シアトル・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース