【隠しマイク】阪神・梅野、押し出し死球で「アタタタタッ」

[ 2019年6月23日 09:00 ]

21日の試合で死球を受けた梅野(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 ◎交流戦残り2試合だった試合前にブルペン総動員の方針を語っていた日本ハム・栗山監督が軽快にひとりツッコミ。「全員、この2試合は投げてもらうつもり。吉田(輝)もいくよ。違うか」。吉田輝は23日にプロ2度目の先発です。

 ◎練習中、突如大雨に見舞われたDeNA・桑原だったが「よし、僕の周りだけ雨が降っていない」。びしょ濡れですが…。

 ◎解説に来た青学大出身の元ソフトバンク・小久保裕紀氏に気づかず、横を通ったことをツッコまれた大学の後輩でロッテの清水将海バッテリーコーチはたまたま、横にいた菅野に「ちゃんと言ってくれよ!」。八つ当たりですね。

 ◎21日の西武戦で決勝押し出し死球を左腰に受けた阪神・梅野は「大丈夫だった?」と問われ「アタタタタッて言いました」。かすった程度に見えたのにそんなに痛かったのかと思いきや「違いますよ。当たった、当たったって審判に言ったんです」とニンマリでした。

 ◎楽天・平石監督は、横浜スタジアムの右翼後方に今季から新設された「ウィング席」を見つめながら「あの席って絶対に怖いよね?俺は一番上まで行けないわ。高所恐怖症やから」。最上部は地上31メートルだそうです。

 ◎日本ハム・杉谷が栗山監督に歩み寄り「監督、いつでも外国人、いけます!よろしくお願いします!」。20日のDeNA戦でエスコバーの154キロ直球を捉えた決勝弾が自信になったようです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース