ソフトB高橋礼、今季最短4回降板「フォームのバランスが良くなかった」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク2―7巨人 ( 2019年6月22日    東京D )

3回に失点しベンチに戻る高橋礼(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 勝てば「優勝」が決まる試合だったが、ソフトバンクは投打に精彩を欠いた。チーム最多タイの7勝を挙げている高橋礼が今季最短の4回で降板。「フォームのバランスが良くなかった」と持ち味の直球を痛打され、2敗目を喫した。

 打者2巡目で暗転した。3回2死から1番・亀井に中前打を許し「シンプルにうまく打たれて引きずってしまった」と、4番・岡本まで4者連続で長短打を浴びて3失点。5回に打席が回って来たところで、代打を告げられ「余力は残っていた。凄く悔しい登板」と肩を落とした。

 救援陣も崩れ、打線も2点を返すのがやっとだった。それでも23日に勝てば、2年ぶり8度目の交流戦制覇。工藤監督は「最終的に勝てるように頑張ります」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース