ソフトバンク 投打かみ合い巨人に快勝!2年ぶり8回目交流戦V 和田は651日ぶりの白星

[ 2019年6月23日 16:20 ]

交流戦   ソフトバンク5―1巨人 ( 2019年6月23日    東京D )

<交流戦 巨・ソ>7回無死、右中間本塁打の福田(左)はナインの祝福を受ける (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは23日に東京ドームで巨人と対戦。勝利したチームが交流戦優勝となる大一番で5―1と快勝し、2年ぶり8回目の交流戦優勝を飾った。

 初回、福田の右中間へ先頭打者アーチで先制。さらに1死満塁から松田の遊撃内野安打、甲斐のスクイズなどで3点を追加し、4点を先取した。7回無死からは福田のこの日2本目となる7号ソロで加点した。

 先発・和田は5回3安打1失点で651日ぶりの白星となる交流戦現役最多の25勝目を挙げた。

 巨人は先発のエース菅野が2点途中4失点で降板。4点を追う4回無死から岡本が中越え15号ソロを放ったが、届かなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月23日のニュース