日本ハム3カード連続負け越し 清宮4三振 栗山監督「精いっぱいやるしかない」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   日本ハム1―6中日 ( 2019年6月22日    ナゴヤD )

6回2死一塁、清宮は打ち損じファールとなりバットを回す。この後空振り三振に倒れる(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 日本ハムは連敗で3カード連続の負け越し。トヨタ自動車時代の1年後輩の吉見と投げ合った金子が4回2失点と試合をつくれず、打線も「5番・左翼」で2試合ぶりに先発出場した清宮が自身ワーストタイの4三振を喫するなどつながりを欠いた。

 3位ながら最近10試合は3勝6敗1分け。栗山監督は「チーム状況的に苦しいのは分かってる。できる限り、精いっぱいやるしかない」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース