中日・高橋ニンマリ 輝星攻略に「甲子園で活躍してたの見てました」女性ファンにはイケメンアピール

[ 2019年6月23日 17:56 ]

交流戦   中日8―4日本ハム ( 2019年6月23日    ナゴヤD )

<中・日>3回1死一塁、中適時二塁打を放つ高橋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 中日が日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝から5点を奪って3回KOし、同一カード3連勝で交流戦を締めくくった。

 2点先制された直後の初回、吉田輝の立ち上がりをとらえて無死満塁とし、ビシエドの右翼フェンス直撃の二塁打であっという間に同点。さらに高橋の右犠飛で3―2と勝ち越すと、3回にも高橋の右中間二塁打と阿部の中前適時打で2点を加えて吉田輝をKOした。

 6―4と2点差に詰め寄られた8回には1死から代打・井領と途中出場していた遠藤の連続長打で1点を加えると、平田にも中前適時打が出て8―4と4点差をつける完勝だった。

 高橋は「つなぐという気持ちで入った」という初回の第1打席で右中間への大飛球。フェンスに体をぶつけながらキャッチする大田の超美技に長打を1本損する形となったが、これが勝ち越しの犠飛に。3回には貴重な追加点となる二塁打、5回にも二ゴロでチームの6点目を叩き出して計3打点をマークした。

 「僕の前にしっかりいっぱい出てくれたんで、チャンスで回って来たんで、ランナーかえせて良かったです」と高橋。話題の新人・吉田輝を打ち崩したことについては「甲子園で活躍してたの見てましたし、すごいピッチャーなんだろうなぁと思いながら。でも、何とか勝ちたかったんで勝てて良かったです」とプロの洗礼を浴びせて笑顔を見せた。

 交流戦3連勝フィニッシュに「最高です!」と答えた高橋は「ガールズシリーズ」最終戦とあってスタンドを埋めた女性ファンに向けてメッセージを求められると「イケメンランキング2位の高橋です」とニヤリ。「やっぱり女性の方が球場に足を運んで下さいますと、球場が明るくなります。また見に来てください!応援よろしくお願いします!」と最後まで盛り上げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース