ヤクルトきんに君、初の5番スタメンで猛打賞「積極性がうまくいきました」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト4―8ロッテ ( 2019年6月22日    神宮 )

5回2死二塁 適時二塁打を放った中山(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトはドラフト2位の中山がプロ初の中軸となる5番で先発し、初の猛打賞をマークした。4回1死一塁から中前打。5回2死二塁からは東條の141キロ直球を右中間へ適時二塁打。8回には遊撃内野安打を放った。「(打順は)変に意識せず、集中して結果を出そうと思った。積極性がうまくいきました」。

 しかし、チームは敗れ12カード連続の勝ち越しなし。「また明日があるので、貢献できるように頑張りたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース