阪神・糸井“超人打ち”で3割復帰「明日勝って終わりたいね」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   阪神6―2西武 ( 2019年6月22日    甲子園 )

4回1死三塁、糸井は中前適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・糸井が勝利をたぐり寄せた。2点を追う4回1死三塁でカウント2―1から見逃せばボールだった本田の内角低めのスライダーを救い上げ、中前へ落ちる適時打にした。マルテの逆転打までつながり、一挙3得点に貢献した。6回先頭では高めの速球を強振して右翼フェンス直撃の二塁打。大山の左前打で5点目の本塁を踏んだ。

 2安打とも、少しでもズレていればファウルになるような厳しいコース。それをヒットゾーンへ運んだ様からも好調ぶりがうかがえる。矢野監督も「いいところで打ってくれるのが嘉男の本来の打撃だと思う。そういうものにどんどん近づいてくれている。頼もしく思います」と期待を膨らませた。

 直近4試合で計11安打。4日前の打率・276から一気上昇し、33日ぶりに打率3割の大台を回復した。交流戦は残り1試合を残して65打数23安打の打率・354。本領を発揮し始めた超人は「明日勝って終わりたいね」と3連勝締めを誓った。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース