オリ中川、最後のPL戦士がV撃 新人史上初“交流戦首位打者”へ

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   オリックス3―2広島 ( 2019年6月22日    マツダ )

6回無死二、三塁、中川は左前に2点適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスを球団初の3年連続交流戦勝ち越しへ導いたのは、売り出し中のルーキーだった。ドラフト7位・中川が先制の決勝2点打を含む2安打を放った。

 「叩きつけるというか、強く低い打球をと。状況に応じた打撃をしたいと思っていた」

 敵失で得た6回無死二、三塁の先制機。カウント2―1から4球目、アドゥワの外角142キロを叩きつけて左前へ運んだ。西村監督からも「昨日も4本打って、今日は相手のミスを逃さない適時打。ルーキーらしくない打撃」と称えられた。

 前日21日には初の4安打で2試合連続猛打賞を決めるなど、7試合連続安打中と快音が鳴りやまない。交流戦打率は・383。12球団トップの座は1日でロッテ・鈴木に譲っても、差は6厘しかない。2試合を残し、新人史上初の“交流戦首位打者”へ、ラストスパートに期待が懸かる。

 今年2月の春季キャンプでは吉田正やロメロの打撃に衝撃を受けた。「自分が生き残るには右方向だったり、状況に応じた打撃をしないといけないと、ずっと考えてきた」。開幕は2軍。4月20日に初昇格し、いまでは打線に不可欠な存在だ。主将を務めたPL学園野球部が卒業した翌16年夏に休部し「最後のPL戦士」と呼ばれる。「食らいついていくだけです」。浮上の原動力になりそうだ。(湯澤 涼)

 ≪荒西「うれしい」プロ初勝利≫マウンドでもルーキーが躍動した。ドラフト3位・荒西が5回1/3、1失点でプロ初勝利を挙げ、「めちゃくちゃうれしいです」と声を弾ませた。Honda熊本では都市対抗に7度出場し、8年目でプロ入りした苦労人。「プロに来るまで8年かかった。一度は諦めたこともあった。1軍で活躍することが、取ってくれたオリックスへの恩返しかなと思う」と感慨深げだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月23日のニュース