DeNA 完封リレーで交流戦締めくくり 上茶谷が投打に活躍

[ 2019年6月23日 16:22 ]

交流戦   DeNA3―0楽天 ( 2019年6月23日    横浜 )

<D・楽>楽天に勝利し、お立ち代でソトと笑顔を見せる上茶谷(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAが完封で交流戦最終戦を白星で締めくくった。

 先発の上茶谷が6回6安打無失点と好投。エスコバー、パットン、山崎が無失点リレーでつないだ。上茶谷が打っても4回2死満塁から決勝の2点適時打。ラミレス監督は「今日は彼の試合だった。ピッチングも素晴らしかったし、バッティングも素晴らしかった。全てが良かった。ベリーハッピー」と絶賛だった。

 交流戦は10勝7敗1分けと3つの貯金をつくって終えた。「2019年の交流戦は素晴らしい終わり方ができた。このモチベーションをリーグ戦でも続けていきたい」と手応えを口にしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース