阪神先発・ガルシア 6回につかまり7失点KO 3勝目ならず 

[ 2019年6月23日 16:13 ]

交流戦   阪神―西武 ( 2019年6月23日    甲子園 )

<神・西>6回1死満塁、金子侑に中前に2点適時打を浴びたガルシア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 粘りの投球を続けていたガルシアが6回に西武打線につかまった。

 1死から山川、中村、岡田に三連続単打を許して満塁とされると、7番・金子に二塁手の左を抜ける2点適時打を浴びてしまった。本塁刺殺を試みた近本の送球が逸れたことで(記録は近本の失策)一、三塁のピンチが残り、続く愛斗の遊撃適時内野安打で5点目を失ったところで、岩崎との交代を告げられた。

 5回まで2失点も自責は1だった。初回と4回は3者凡退で切り抜けるなど強力打線相手に粘っていた。しかし、6回にまさかの4連打と打ち込まれて、5回1/3、9安打7失点(自責点6)と今季3勝目の権利を手にすることが出来ずイニング途中で無念の降板となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月23日のニュース