巨人・丸、3安打で打線けん引「岡本様につなごうと思って」

[ 2019年6月23日 05:30 ]

交流戦   巨人7―2ソフトバンク ( 2019年6月22日    東京D )

3回2死一、二塁、高橋礼(左)から先制の中前適時打を放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・丸が今季9度目の猛打賞で打線をけん引した。初回に左前打を放って迎えた3回2死一、二塁。高橋礼の138キロ直球を中前にはじき返す先制打を放った。6回には嘉弥真から二塁打。「(先制打は)勇人さんと亀さんがつないでくれたので僕も何とか岡本さんに…あ、すみません。岡本様につなごうと思って打席に入りました」とお立ち台で後ろを打つ後輩をいじって笑わせた。

 7勝を挙げているサブマリンを前に「自分に投げられてない球もあったので、お互いに共有しながら」とベンチで他の打者と積極的に意見交換。前日も千賀から3安打し、パ・リーグの好投手を2戦連続で攻略した。ここ5試合は21打数11安打、3本塁打、8打点と絶好調。「明日勝って優勝したいと思います」と力強く宣言した。 (青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年6月23日のニュース