清宮、無難に一塁守備 加藤の好投に「守っていて楽しかった」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―0オリックス ( 2019年5月31日    京セラD )

2回無死二塁、清宮は右前打を放つ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 中田の休養もあり右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から1軍に復帰して7試合目で初めてDHではなく「5番・一塁」で先発出場した日本ハム・清宮は2回無死二塁で右前打を放ち6試合連続出塁。打球が強すぎて二塁走者の近藤は本塁憤死も、4回は四球を選び、一塁守備でも無難な動きを見せた。

 加藤の好投に「守っていて楽しかった。(快挙達成を)見たかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース