阪神 福留が出場選手登録抹消へ 代わって陽川が昇格の見込み

[ 2019年6月1日 09:45 ]

阪神・福留
Photo By スポニチ

 阪神の福留孝介外野手(42)が今日1日にも出場選手登録を抹消される見込みとなった。

 昨日5月31日の広島戦(マツダ)に「5番・左翼」で先発出場するも、右ふくらはぎの張りを訴え3回裏の守備からベンチに退いた。そのまま広島市内の病院に直行し診察を受け、重傷ではないようだが、長いシーズンを見据え抹消の判断を下したとされる。福留がシーズン中に出場選手登録を外れるのは2014年6月10日以来。

 代わって陽川尚将内野手(27)が4月29日以来の1軍昇格となる模様。陽川は今季ウエスタン・リーグで打率・253、本塁打3本。昨日のソフトバンク戦(甲子園)は「4番・三塁」で先発し初回に適時中前打を放つなど4打数1安打1打点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース